「博物館のお仕事」

【2022.1208 再び告知 消しゴムはんこ】

◎12月10日(土)体験教室「縄文のカタチを彫る! 〜消しゴムはんこ〜」10:00~12:00
(電話受付12/1~9
 費用500円) 12月のお知らせ

過去に行った消しゴムはんこのモデルと印影です!

モデルは大正8遺跡の土偶です。

12月のお知らせをご覧になってご応募願います!

 


【2022.1207 消しゴムはんこ 作りましょ】

◎12月10日(土)体験教室「縄文のカタチを彫る! 〜消しゴムはんこ〜」10:00~12:00
(電話受付12/1~9
 費用500円) 12月のお知らせ

け、消しゴムはんこだって!!!

これが彫った消しゴムはんこです。

これを押すと・・・・

こうなります。3つ目のは「チーズまん」です。

こちろん今回は縄文にフォーカスしますので、こういうのは彫りませんが、年賀状や冬休みの制作物にいかがでしょうか!

 


【2022.1206  今の値段だといくら??】

百年記念館ロビーに展示の、消防ポンプ(自走しないので消防車ではない)の説明板には「大正消防団が昭和4年に400円で譲り受け、800円をかけてエンジンを載せた」と書いてあります。このエンジンはポンプ用のエンジンであり、やはり自走はしません。


さて、この金額は今の価格にするといくらくらいかとの質問が時々あります。
このような質問は全国的に非常に多いようです。(例)

https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000156795 

「レファレンス共同データベース」より。 

上記リンクでは、「企業物価指数」から計算した例をもとに、何を基準とするかで値は大きく異なり、
日銀のサイト https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/history/j12.htm/ では、消費者物価指数で比べると、企業物価指数の倍の値になってしまうことを示しています。

上記リンクの数値を用いて計算すると、消防団の消防ポンプは25万円〜50万円となり、さらに50万円から100万円かけてエンジンポンプに改造したことになります。合計75〜150万円ということになります。

では現代のポンプ価格はいかがでしょう。
上のような質問をする方の多くが、「現在の消防ポンプの価格」をご存知ありませんブログ管理人も分かりません)。意外とこういうところにこの質問の「わかりづらさ」が潜んでいるように思えます。まあ、それはともかく調べてみましょう。

ほとんどのものは価格はネット上に表示されてはいませんが、数少ない例としては以下のものがありました。
https://www.hoshino-z.com/item/防犯その他資材関連/ポンプ・水槽/消防ポンプ
このページでは50万円と100万円の機種が紹介されていますが、これに加え可搬(運搬)できる台車が必要です。自治体の落札価格を見ると台車合わせて86万円という記述がありました。性能的にも同じかどうかはわかりませんし、もっと高そうな機種もたくさんありました。
また、消防団の消防ポンプが35馬力という記載の正確性(現代機種より随分大きい)の問題にも気をつけなければいけません。現代のものは100万円の機種で7.3kw=9.8馬力です。
いろいろ不明な部分はありますが、いくつかの例から見て、台車付きで100万円前後の例があることがわかりました。このため、消防団の消防ポンプの価格は、現代の台車付き消防ポンプとだいたい同じ100万円前後であると言えそうです。

参考にメーカーのリンクを貼っておきます。
株式会社シバウラ防災製作所
https://www.shibaura-bousai.co.jp

トーハツ株式会社
https://www.tohatsu.co.jp/

今回発見したのですが、消防団の消防ポンプを作った会社は現存しています。
モリタホールディングス 明治40年創業 です。
https://www.morita119.com/company/history.html