「博物館のお仕事」

【2024.6月15日(土)  博物館講座「とかちで学ぶブタのはなし」を開催しました】

帯広畜産大学 准教授、村西 由紀先生をお招きして、ブタの家畜化の歴史や動物学的特徴などについて、お話いただきました。

「家畜化する」と動物はどのように変化するのか、ブタの家畜化の元であるイノシシとの比較を交えながら、分かりやすく解説をしていただきました。

ブタは多くのお肉を得るために改良を重ねたことで胴が長くなり、イノシシよりも骨の数(胸椎)が増えたとは驚きです。

また帯広のB級グルメ代表として豚丼が存在するなど、十勝では家庭料理に欠かせない豚肉ですが、地域によりカレーや肉じゃがなどに利用されるお肉の種類が異なるのも面白い話題でした。

村西先生、興味深いお話をありがとうございました。

 


 

【2024.4月26日(金)十勝監獄遺構ペンキ塗り

春の良い天気の中、博物館ボランティアにも協力いただき、十勝監獄の遺構があることを示すペンキ塗りの作業を行いました。

GWに向けて、緑ヶ丘公園の歴史を紹介するPRの一つになれば良いなと思います。

 


 

【2024.4月25日(木)ミミズを採ります】

エゾサンショウウオのエサとなるミミズを採集。

美味しそうなミミズが取れました!

飼い主(3月で退職した学芸員)が自宅に持ち帰るまでの、あともう少しの期間、リウカで飼育しています。

 

  


 

【2024.4月20日(土)企画展「使える!百年記念館」始まりました。】

百年記念館で貸出をしている資料を紹介しています。

展示作業をして、こんなに貸出資料があったとはとビックリしました。

5月6日(月・祝)まで開催しています。