特別企画展『晩成社展』特設ページ

 

【設営中】

大きな展示の場合は特に、初めの方はなかなか進まないように見えます。一つ一つを展示物の姿に整えていき、それらの数が溜まったら、ある日突然クライマックスを迎えるような感じ。準備中なので照明も少し薄暗い中での作業です。

 


【設営開始】

重く大きな台やケース、パネルを先に持ち込み、展示の骨格を決めていきます。


【特設ページ開設】

帯広市開拓140周年・市政施行90周年記念事業 
帯広百年記念館特別企画展「晩成社展」の紹介ページです。

残された様々な資料から、帯広・十勝開拓の先駆者「晩成社」「依田勉三」の活躍をあぶりだします。

令和4年8月13日〜9月19日までの開催です。このブログではその準備から開催までの流れを紹介します。 (R4.7.20)


【史料借用のため松崎町へ】

晩成社の資料は十勝だけではなく、依田家のある静岡県松崎町にしかない貴重な史料もあります。開拓事業が松崎町との結びつきの中で行われたことを実感できるものになると思います。そしてこの写真の中に、ポスターデザインに生かされたものがありますので、探してみてくださいね。

松崎町では、十勝の暑さとはちがう濃密な空気に触れることもできました。(R4.7.12)