ホームへサイトマップ
帯広百年記念館 アイヌ民族文化情報センター
十勝でアイヌ文化に触れてみよう
「十勝でアイヌ文化に触れてみよう」トップに戻る

帯広カムイトウウポポ保存会

アイヌの民族の古式舞踏(こしきぶよう)や儀式などの伝承保存活動をおこなう団体。時代の移り変わりとともに歌や踊りが伝えられなくなることを心配した伏古コタンのお年寄りたちが1950年代に「十勝アイヌウポポ愛好会」をつくりました。その後、活動を活発におこなっていくため、1964(昭和39)年に「帯広カムイトウウポポ保存会」と名前を変えました。

1971(昭和46)年、帯広市文化奨励賞を受賞。1982(昭和57)年、帯広市文化財第3号として指定されました。さらに、1984(昭和59)年2月には国の重要無形民俗文化財に指定されました。

現在、同会が伝承する代表的古式舞踊には、エリリセ(粟まき踊り)、バッタキウポポ(バッタの踊り)、サロルンリセ(鶴の舞)、フミウス(採取・農耕の踊り)、フッタレチュイ(踊りくらべ)、サキウナイ(情景の踊り)、クリセ(弓の舞)、エムセ(剣の舞い)、イフケ(子守歌)などがあります。

十勝のアイヌ文化 「歌とおどり」はこちら

上士幌ウタリ文化伝承保存会

上士幌町のアイヌ文化伝承保存のために1984(昭和59)年に設立されました。儀式、古式舞踊や木彫技術などの伝承活動に取り組み、オッパイ山大祭やマレク漁などの事業をおこなっています。

マクウンベツアイヌ文化保存会

失われつつある幕別のアイヌ文化を後世に伝えようと1984(昭和59)年にウタリ協会幕別支部が中心となって設立されました。一度活動を休止していましたが、2005(平成17)年に新たに活動をはじめました。現在は、刺しゅうや儀式などの伝承活動をおこなっています。

 このページのTOPにもどる