帯広百年記念館について


帯広百年記念館常設展示室『マンモスがいたころ』

帯広百年記念館は、十勝・帯広の総合博物館です。

博物館と創造活動センターの機能を持った十勝地域の広域複合施設として、1982(昭和57)年に開館しました。博物館では、十勝の歴史・産業・自然を紹介する常設展示をはじめ、博物館講座・郷土学習見学会・自然観察会などのプログラムを開催しています。また、館内に設置されたアイヌ民族文化情報センターリウカでは、アイヌ民族の文化や歴史を学習することができます。創造活動センターでは、陶芸や七宝などの「もの作り」講座や、各種団体が学習会や発表会などに利用できる貸室も行なっています。分館の埋蔵文化財センターでは、遺跡出土品の収蔵と公開活用、情報発信などを行っています。

帯広百年記念館 館長 山原敏朗

◆館の概要・帯広百年記念館条例はこちら

◆帯広百年記念館運営審議会の議事録はこちら