ホームへサイトマップ
帯広百年記念館 アイヌ民族文化情報センター
コロポクウンクルが紹介する十勝のアイヌ文化
「はじめに」に戻る
植物の利用
植物採集
  アイヌの人びとは食用や薬用になる植物を数百種類も知っていて、春から秋にかけて、たくさんの植物をとっていたんだ。
  十勝では春から夏にかけて、ニリンソウ・ギョウジャニンニク・フキ・ヨモギ・ヒメザゼンソウなどの葉や茎、カタクリ・エゾエンゴサク・ウバユリなどの根などを集めていた。 それに、夏から秋にかけては、ヤマブドウ・クルミ・キハダ・ヒシ・ヤブマメなどの実やコウライテンナンショウの根、タモギタケやマイタケなどのキノコもとっていたんだよ。
  こうしてとった植物はすぐに料理したり、冬のための保存食や薬として日光で干してから家なかや食べ物専用の倉庫に保存していたんだ。
  食用や薬用にしたいろいろな植物

▲アイヌ語:トゥレプ
和名:オオウバユリ

▲トゥレプアカ
オオウバユリのかすから作った保存食

▲アイヌ語:ペカンペ
和名:ヒシ

▲アイヌ語:シケ
和名:キハダの実

▲アイヌ語:エハ
和名:ヤブマメ

▲アイヌ語:プクサ
和名:ギョウジャニンニク

▲アイヌ語:マカヨ
和名:フキノトウペキナ

▲アイヌ語:シキナ
和名:ガマ
(採集しているところ)

このページのTOPにもどる
コロポックル
オオウバユリからでんぷんをとる
  アイヌの人たちは6月から7月ころになると、オオウバユリのりん茎からでんぷんをたくさんとりました。これは、冬の間の大切な食料となりました。
 

▲りん茎を集めて葉を切ります。

▲きれいにあらいます。

▲りん茎をつぶします。

▲フキの葉に包んで
1週間ぐらいそのままにします。
 

▲ざるでこします。ざるにはかすが残り、デンプンはこされて落ちます。

▲かすをドーナッツ状にかためます。

   

▲かすを干して乾燥させます。 デンプンをさらに木綿の袋でこして細かいデンプンと少しかすがまじったデンプンにわけて干します。こうしてできたデンプンやかすは保存食としてたくわえられます。

このページのTOPにもどる
コロポックル
樹液の採集
  冬の終わりころになると、木が水を吸い上げるようになります。このころ、アイヌの人たちはイタヤカエデやシラカバの木に切れ目を入れて樹液をとりました。この樹液は甘いので、料理の味つけなどに使われました。
このページのTOPにもどる
コロポックル