ホームへサイトマップ
帯広百年記念館 アイヌ民族文化情報センター
コロポクウンクルが紹介する十勝のアイヌ文化
「はじめに」に戻る
狩りと漁
山漁
  山猟は秋から春にかけての冬の間におこなわれたんだ。なぜかって?それはね、この季節であれば草が枯れ、木の葉が落ちて回りがよく見える。それにとった動物の肉がくさりにくいからなんだ。
  山猟ではエゾシカ、ヒグマ、エゾユキウサギ、キタキツネ、エゾタヌキ、クロテンなどの動物や、エゾライチョウ、マガモ、カケスなどの鳥をとっていた。
  そして、このような猟には、おもに弓矢を使った。この矢にはトリカブトからとった毒がぬられていて、そのい力はあの大きなヒグマも簡単にたおすほどだったんだ。
 このほか、シカやキツネをとるしかけ弓やウサギをとる輪の形をしたわななどいろいろなわなも使われていたんだよ。
  写真

▲アマッポ(仕掛け弓)
仕掛け弓でキツネをとるところ

▲トリカブトの花
この根からとても強い毒がとれます

▲ワシ類をとっているところ
かぎで脚を引っかけてとりました。

▲イパプケニ(シカ笛)
この笛を吹くとシカの鳴き声と同じような音が出ます。 これでシカをおびき寄せて弓矢でとりました。

このページのTOPにもどる
コロポックル
 
川漁・海漁
  十勝川とその支流にたくさんの村があった十勝では川漁がさかんにおこなわれていて、サケ・マス・イトウ・アメマス・ウグイなど多くの魚をとっていた。
  漁の方法はいろいろあって、たとえば、十勝川のような大きな川では、丸木舟を使った網漁をしていたし、小川では川をせき止めてかごを仕掛ける漁をしていたんだ。それに、マレというかぎのようになった道具を使った漁もしていたんだよ。
  それから、海岸近くの村では海漁がさかんで、タラやカレイなどいろいろな魚やアザラシ、オットセイなどの動物もっていた。それに、北海道の南のほうでは銛でメカジキをとる漁もしていたんだ。
  写真

▲マレ(突き鈎)漁のようす
マレという道具でサケをとるようす

▲マレの先
かぎが魚にささると台からはずれて、魚がひっかかるようになっています。

▲ペラアイ(魚捕り用矢)
魚を捕るための矢

▲魚を捕るためのしかけ
小川にこれをしかけて魚をとります。

 

▲キテ
海で使う銛(もり)の先
この銛を使って大型の魚類や海獣をとりました。

 
このページのTOPにもどる
コロポックル