ホームへサイトマップ
帯広百年記念館 アイヌ民族文化情報センター
コロポクウンクルが紹介する十勝のアイヌ文化
「はじめに」に戻る
人の一生
人の一生
  アイヌの人びとは、子供が生まれるとすぐには名前を付けないで、すこし成長して子供がどんな性格なのかはっきりしてきたら、その子にふさわしい名前を付けたんだ。だから、あかちゃんのうちは、まだちゃんとした名前がなかったんだよ。そして、子供たちは遊びのなかで大人になってから必要な技術を身につけていったんだ。
  13歳ころになったら、男子は狩りや漁の手伝いをしながら技術をおぼえたり、女子は着物のぬい方を身につけるなど大人になるための準備がはじまるんだ。こうして17歳ぐらいになると一人前の大人として認められて、結婚もできるようになったんだよ。
  人間がその一生を終えると、魂はあの世へ行ってこの世と同じような生活をすると考えられていた。だから、人が亡くなると、あの世へいっても困らないようにいろいろな生活用具もいっしょに持たせたんだ。
  誕生

▲荷縄(になわ)を使って赤ちゃんをおぶっているようす

▲シンタ (ゆりかご)

 

▲タラ(荷縄)
荷物を運ぶときに使います。まん中の部分をひたいにかけます。

 
このページのTOPにもどる
コロポックル